読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM HARRY

WEB、英語、ライフハックを発信していくWebブログ



英語を活かして外資系に転職したいなら、まずLinkedInを使うべき。


f:id:harry_jpn:20160616205833j:plain

外資系に就職したいなぁ、外資系に転職したいなぁ、という方、多いんじゃないでしょうか? 僕もかつて、外資系に勤めている友人もいて、話を聞くとますます憧れが強くなった時期がありました。

 外資系企業の魅力とは?

wikipediaによると、

外資系企業(がいしけいきぎょう)とは、外国法人又は外国人が一定程度以上の出資をする日本の企業(通常は株式会社だが合同会社も増えている)をいう。口頭表現等では「外資系」「外資」と略称することも多い。 21世紀に入って、外国のコンサルティング会社や金融機関(特に投資銀行)が日本に現地法人を設立して日本人を多く採用する例が相次ぎ、その高額の給料と、厳正たる成果主義制が注目を浴びた。

と書いています。高額の給料と、厳正たる成果主義とあるが、まさにここに憧れている人が多いんじゃないでしょうか?また外資に勤めている友人は、ハードですが、その分、休暇もたっぷりととっている、facebookやInstagramでも、結構、海外旅行していて、リア充たっぷりの投稿が多いです。

 

 どうやって外資系企業で働く?

ここでは、実際に友人や僕の経験談からお話します。直接応募やLinkdInなどで自分で探す方法と、エージェントを通じて見つける方法です。

LinkedIn(リンクトイン)

f:id:harry_jpn:20160616201717p:plain

 

Wikipediaによると、

LinkedIn(リンクトイン)は、2003年5月にサービスを開始した、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス、及び、同サービスを提供するアメリカ合衆国カリフォルニア州シリコンバレーの企業。2014年8月現在の登録ユーザーは全世界で3億1300万人を超え、日本では、現在100万人以上が会員登録をしている[3]。 

日本ではあまり知られていないLinkdIn。Facebookのビジネス版といっていいでしょう。ビジネス型SNSだが、僕はなぜこの LinkedInが日本では、あまり知られていないのかが不思議です。特に外資系を希望している友人もLinkdInって何?という感じです。ここでは登録の方法は省きますが、下記のサイトで詳しく書かれているので、参考にどうぞ。

関連記事:LinkedInとは?ビジネスSNSを利用して外資系企業に転職成功

外資系を狙っている転職者の方は、今のうちから登録して、活動してみてはいかがでしょうか?僕もLinkedInに登録していますが、エージェントや、なんと某大手化粧品ブランドからも直接メッセージがきて、ちょっとビビりました。結局、僕はフリーランスの道を選んだので、転職はしませんでしたが、フリーランスとして、2年で芽が出なかった場合は、LinkdedInで外資にチャレンジしてみたいと思っています。LinkedIn上では、ほぼ英語でのやり取りになりますが、英語でやりとりしていく練習の場としてはぜひ登録して、エージェントでもバンバン会ってみるのをおすすめします。

 

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うメリットとしては、エージェントが保有している案件が多く、自分の希望にあった案件を紹介してくれるからです。また今すぐ、転職を考えていない方もエージェントに登録しておくことで、キャリアアップを図れるチャンスに繋がります。

人気のある転職エージェント

どうしていいかわからないけど、外資で働きたい!という方はまず、エージェントを使ってみるのが良いと思います。

上記のエージェントではは、 外資系の案件もあります。特に非公開案件やスカウトのほうが多いので、登録してみるのも良いでしょう。ここでしっかり押さえておきたいポイントとしては、レジュメをきちんと作成することです。本当に外資に転職を考えている場合は、このレジュメを良いものに仕上げないと、スカウトも来ません。

一般に公開していない秘匿性の高いポジションや、自力では見つけることが難しい情報はスカウトで得られます。また、スカウトを受け取ることでご自身の市場価値が分かるため、よりふさわしい企業・ポジションを見つける指標となるでしょう。

スカウトをより多く受け取るには、登録いただいた職務経歴書を定期的に更新されることをおすすめしております。

ビズリーチのWebサイトにも記載されているように、職務経歴書の更新がカギになります。ビズリーチでは、年収1,000万とか物怖じするような案件を強調していますが、案件によって金額は様々なので、ここでは、物怖じせずに登録してみましょう。

 

 これから勉強して外資系を目指したいならフィリピン留学

外資系を目指したいが、英語力に自信がないという方にはぜひフィリピン英語留学を経験していただきたいです。僕も実際にフィリピン英語留学に行きましたが、実際に外資系に勤めているけど、英語力自信のない方がいたり、外資系を一度辞めて、また外資系を目指している方がいたりと、話を聞くと、とても参考になりました。まだすべて記事をまとめられていませんが、ご参考にどうぞ。

 セブ島留学に失敗しないための7つのコツという資料があるので、まず資料請求をしてみても良いと思います。僕は、この資料で留学を決めました。1週間73,000円から短期留学も可能です。NILS ではセミナーも開催しているので、不安な方はセミナーに参加してみるのも良いと思います。

 関連記事

追記

外資系に興味のある方の中には、Worth Working というサイトをご覧ください。また、海外で就職したいという方も多いと思います。そういう方には、海外就職のABC のサイトがおすすめです。サイト運営者が実際に海外で勤務されているので、とても参考になります。