読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM HARRY

WEB、英語、ライフハックや日々のニュースを発信していくWEBブログ

フリーランスのwebデザイナーが仕事をもらうための戦略について

フリーランス WEB

f:id:harry_jpn:20160607224721j:plain

先日、 下記の記事を書いたところ、フリーランス希望の方から、フリーランスとして、どのように仕事を獲得していけばいいのか、と質問のメッセージをいただきました。自分もまだまだ、フリーランスとしては駆け出しになりますが、どのようにクライアントを増やしてきたかなどを、まとめていきたいと思います。

 

www.iamharry.n

元同僚、元上司、元取引先に連絡を取ってみる

アナログな方法にはなりますが、一番手堅く仕事がもらえるのは、やはり知り合いからの仕事です。僕もフリーランスになろうと決意したのは、働いている時から副業として、元上司から仕事をもらっていたからです。また今までの仕事の成果も理解してもらっていたことも大きいのではないかと思います。すでにフリーランスとして決断しているという方はもちろん、将来フリーランスとして独立したいという方は、少しずつ回りに将来はフリーランスとして独立したいという夢を語ってみるのも良いと思います。

 

ポートフォリオサイトを制作する

今までリアルでお付き合いしていたクライアントには、信頼という形で仕事をもらえるが、どこの誰だかわからない相手に仕事を依頼するということは、まずないに等しいでしょう。そういう場合はどのようにして仕事を獲得するチャンスを狙うか、ということになります。知名度のないフリーランスが仕事を獲得していくには、まず「ポートフォリオ」サイトを作ってみましょう。実際に存在している企業のサイトが掲載可能であれば、どんどんと掲載数を増やしていけば良いでしょう。ただ、まだ制作実績がないのであれば、飲食店、美容室、中小企業、などカテゴリ別に分けてデモサイトを作っておくとクライアントもイメージがしやすいでしょう。

 

クラウドワークスやランサーズで仕事を請けてみる

今は昔と違い、インターネットでも仕事が探せる時代です。クラウドワークス ランサーズといったクラウドソーシングサイトでwebデザインの仕事を探してみても良いでしょう。単価が安い案件が多いが、経験を積むには手っ取り早く仕事が見つけられるのが便利です。ただ、すでに技術のあるwebデザイナーにとっては、単価が低いので、あくまで仕事の入り口として捉えるのがベターかもしれない。

 

チラシ、電話、FAX、飛び込み訪問などアナログ営業も試してみる

今の時代にアナログと思われるかもしれませんが、HPを持っていない個人経営のお店や中小企業にとっては、チラシ、電話、FAX、飛び込み訪問も効果的かもしれない。飛び込み訪問というと難しいかもしれませんが、自分の場合は、カウンターのある小さい飲食店のランチを狙って、客が少ないときに話しかけてみたり、個人経営の美容院へ入ってみたりするのも良いでしょう。特にホットペッパーへの集客に頼りきった美容院にアプローチするのも良いかもしれない。

 

 起業セミナーへ参加してみる

起業セミナーはかなりオススメです。なぜなら今から起業しようとする人たちへ向けて、ホームページ制作の営業ができるからである。これから会社やお店を始める方ににとっては、ホームページの集客を考えている人も多い。ホームページや会社案内、名刺などをパッケージにして提案してみると、web媒体だけではなく、紙媒体の仕事も請けることができるかもしれない。

 

最後に

自分もフリーランスとして駆け出したばかりです。正直なところ、現在はクライアントを増やしたいとは思っていません。クライアントに頼るよりも、最終的には、自分でwebサービスやメディアを生み出して、マネタイズをする仕組みを作っていかないと、会社勤めをしていた頃の依存体質と変わらないからです。現状は食べていくために仕方ありませんが、並行して自分でお金を生み出す仕組みをしっかりと築いていきたいと思っています。

今は普通のサラリーマンという方にも読んで欲しいのが、この本です。普通の会社員がフリーランスで稼ぐ アメリカでは、30%以上の人がフリーランスやリモートワークで仕事をしており、会社に行く必要性がないという働き方です。今後、日本でも働き方が大きく変わっていく時代がやってくるのではないかと、僕は思っています。

Copyright© I AM HARRY All Rights Reserved.